交通事故・むち打ち治療の知恵袋-埼玉(さいたま)

注目

Pocket

むち打ちとは

むち打ちとは病名ではなく、発生時の首の動きが「鞭を打っているよう」だからついた俗称です。
正しくは「頚椎捻挫」といいます。
いくつかタイプがあり、「頚椎損傷型」、「頸髄損傷型」、「根症状型」、「バレ・リュー型」、「脳脊髄液圧低下症」と分かれます。

Human Face Anatomy

◯頚椎捻挫型
正常な動きを超える運動、力が首に加わり、関節周囲の筋肉、靭帯、関節包(関節の袋)などの柔らかい組織の断裂や損傷を起こしたもので、骨折や脱臼は伴ないわない。
むちうち損傷と言われるものの中ではこの頚椎捻挫型が一番多い。

◯頸髄損傷型・神経根型
上記のような動きを強制され、脊髄神経に損傷を受けたものです。
痛みやしびれを呈するものと、麻痺(動かなくなる)を呈するもの、その他様々な症状がありますが、一次医療の現場では判断できないことも多く、脊髄損傷の救急処置ができる医療機関へ紹介する必要があります。

◯バレ・リュー型
首にある交感神経や副交感神経にダメージを受けてしまったものです。めまいや頭痛、目がかすむ、疲れる、耳鳴りがしたり、耳が聞こえにくくなったり、息苦しくなったりと症状は実に多彩です。

◯脳脊髄圧低下症(低髄液圧症候群)
運動を強制されたことにより脳脊髄液が漏れ、種々の症状が出るものをいいます。
頭痛やめまい、耳鳴り、しびれ、痛み、倦怠感等、症状は様々です。


むち打ちの症状(以下頚椎損傷型を想定して書きます)

上記にもあるように、頚椎損傷型は靱帯や筋肉、関節包(関節の袋)の損傷であるため、レントゲン上は異常がない事が多いです。
首筋~背中の痛み、肩のコリ、頭痛、めまい、吐き気、耳鳴り、呼吸がしづらい、肩~手にかけての痛みやしびれ等、実に多彩な症状を呈します。
遅発性筋痛など、事故後数日してから症状が出てくるケースもあり、注意が必要です。


むち打ちの原因

むち打ちの原因は色々ありますが、自動車や自転車による交通事故、スポーツ活動によるものや、整体やカイロプラクティックなどで暴力的に首を矯正された場合などに発生します。

いわゆる「首のアジャスト」首に急速な回旋力を加えることにより矯正しようというものですが、近年首へのアジャストが問題化しており、最近はしなくなるところが多いようです。


むち打ちの治し方

とにかく今ある痛みを取り除いたり軽減させることです。
痛みは火事のようなもの、最初は小さな炎ですが、放っておくと燃え盛り、なかなか消火しづらくなってしまいます。

そうしないためにもなるべく早い段階で治療することが必要になります。
・西洋医学(病院・整形外科など)での治療方法

  1. 日常生活の指導
    コルセットの着用や安静にすることなど
  2. 消炎鎮痛剤(痛み止め)や内服薬などの薬物療法
    湿布などのお薬を使った療法
  3. 牽引、赤外線、超音波、温熱療法などの理学療法
    治療機器を使った療法
  4. 運動療法・徒手療法
    ストレッチ・マッサージや可動域訓練などの手技療法
  5. ブロック注射、トリガーポイントブロックなどの注射
    痛みを止めるための注射

などが行われます。
上記の治療で症状が変化しなかった場合、接骨院や整体院に行き、治療をする方もかなり多いようです。

3d white people radiologist


・東洋医学(接骨院や整骨院、整体院)での治療法
投薬や注射、手術は出来ないため、保存療法(手技療法)のみとなります。
治療方法はそれぞれの院で違い、独自の矯正法や治療方法を採用しているところもかなりあります。

  • マッサージ療法
    症状のある場所を手や肘などを使ってマッサージすることで、症状の緩和を促します。
  • 牽引、赤外線、温熱療法などの理学療法
    整形外科と同じく、治療機器を使った療法。
  • 整体・カイロプラクティクなどの手技療法
    全身からのアプローチで施術を進めるところもあります。

例えば、ACT療法を例に挙げると皮膚や筋肉などの反応を引き出して施術するため「触っている感じしかしない」施術であり、関節センサーなども施術し、痛みを施術していくという、安全性が高い施術方法です。

Wellnessurlaub


交通事故治療の費用について

・病院・整形外科・接骨院
自損事故や保険に入っていない場合を除き自賠責保険が使用でき、通常は窓口での負担はありません。

・整体・カイロプラクティク等の治療院
保険の使用はできなく、自費施術になります。

※交通事故の場合、病院に通いながら接骨院や整骨院で施術を受けることが可能です。


ACT療法

高校卒業後にこの業界に入り、もうすぐ21年になります。今まで数多くの患者さんの症状回復に向けて施術をおこなってきました。

埼玉県蓮田市の地に治療院をかまえてから数年はAKAをおこなっていたのですが、ある日技術を見直すキッカケが訪れました。

いつものように患者さんの体に施術していると、皮膚に刺激を加える事で筋肉が柔らかくなったり、関節包内運動が正常化する現象を発見したのです。

その後数年間試行錯誤を重ね、安定して効果を出せるようになったのでこの施術方法に「ACT療法」と名前をつけました。

数年前に山口創先生の著書に出会いましたが、その中になぜ皮膚の刺激をすることによって筋肉の緊張が解けるのかが書いてありました。山口創先生や傳田光洋先生の本は読んでみることをお勧めします。

これまでに様々な刺激方法を試みた中で発見したことは

・一定の速度、刺激で皮膚を刺激すると筋肉の緊張が緩み、関節包内運動の異常が改善すること。

・特定の2ヶ所、3ヶ所を同時に刺激すると筋肉の緊張が緩み、関節機能障害が改善することなどです。

現在もより早く改善できるように技術を見直しながら改良を続けています。

腰痛やひざ痛など、運動器の痛みに関してですが、痛みが出ている場所に必ずしも原因があるとは限りません。例えば足の指がおかしくなっているにもか かわらず、腰に痛みを感じたり、首や背中に異常があるのに指や肘に痛みを感じたりすることはよくあることですが、これを「関連痛」といいます。

実際に現場で施術しているとこの関連痛が非常に多いことがわかります。

ですからACT療法では痛みのある場所にこだわるのではなく、全身を見てバランスを整える方法をとっています。

この技術で一人でも多くの痛みに悩む方が痛みから開放されれば幸いです。

特にむち打ち、腰痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、変形性関節症の施術を得意としています。

おおしま接骨院 : http://s621.com
〒349-0124
埼玉県蓮田市末広2-1-2
電話: 048-764-1190

接骨院の紹介

 埼玉県蓮田市で接骨院を経営しています

おおしま接骨院、院長の大嶋大輔と申します。

以前より
「ネットを調べても自分が欲しい情報が手に入らないから困っている。」
と声を頂いていました。
そこで、西洋医学と東洋医学どちらも偏りがないように、なるべく専門用語を使わないでわかりやすくこの情報提供サイトを作成してみました。

体の痛みに悩んでいる皆さんの力に少しでもなれれば幸いです。

■プロフィール
新潟県産まれ
幼少の頃に経験した様々な怪我をキッカケに治療家を目指し柔道整復師国家資格を取得。
柔道整復師として腰痛や坐骨神経痛など、カラダの痛みやしびれを抱えた方の施術を専門におこなっている。
特に関節センサーの異常や筋膜性疼痛症候群の施術を得意とする。
現在は「一人でも多くの患者さんの痛みやしびれを取り除くこと」をモットーに、全国各地から来院する患者さんの施術に明け暮れる。

■著書
「テンタクル・タッチで痛みが溶ける!究極の脱力ジェリーフィッシュ・セラピー」
「腰痛解消!神の手を持つ18人」
「腰痛・首・肩の痛みを取る!匠の技を持つ23人」


■施術所
おおしま接骨院 :http://s621.com
住所:〒349-0124 埼玉県蓮田市末広2-1-2
お問い合わせ:電話 048-764-1190
施術時間:午前9時~12時 午後2時~6時半(土日祝日は午後5時半まで)
休診:水曜・不定期で時々

 

Pocket